Top
2018年 06月 22日
上部消化管内視鏡、いわゆる胃カメラなるものをやった。
かれこれ20歳と言い始めて20年が経ち、なかなかのお年頃だけど、胃カメラ未経験者の私。
名実ともに重い腰をあげ、20歳にして初めての胃カメラ体験。
痛いとか気持ち悪いとか、いろんな噂は聞くが、いい噂はひとつたりとも聞いたことのない胃カメラ。
病院嫌いの私が受けようと思ったのは、ムスコがいたから。
もし、親に何かあったら、一人っ子のムスコは云々と考えると、やっぱり健診だけはしっかりと思ったからだ。
子供の力恐るべし。
とはいうものの、本来病院嫌いなのだ(病院好きな人はなかなかいないと思うけど)。
ベッドに横になり事前にあんな薬やらこんな薬を飲まされ、注入され、いざ検査室へ。

私はこのままここで死ぬんだな。もう家には帰れないんだな。

大粒の涙やら、よだれやら何やらいろんなものを垂らしながら、そんなことを思う私。
先生は容赦なく「はい、力抜く!舌も力抜いて!!」と少々お怒り気味。
気の短い私は「うるさい!この殺人鬼がっ!!やっとるわい!!!」と心の中で数千回呟く。
その度に、背中や肩を優しくさすって、「舌を口の外にべーって出してみましょうか。緊張しますよね。もうすこしですよー」と励ましてくれる看護婦さん。
もう、神。神以外の何者でもない。
検査終了後も待合室にいる私を気にかけてくれる看護婦さん。
大人になったら(※もう十分大人です)、こんな人間になろうと心に誓う私。
ありがとう、看護婦さん。
・・・でも、もう5年ぐらいは行かないと思います。テヘッ

[PR]
by たいたい # by taitaifromichon | 2018-06-22 13:13 | | Comments(4)

意思疎通
2018年 06月 16日
かれこれ3週間ほど前から左足の人差し指の爪が真っ黒になっている。
何が原因か分からないけど、あざのような黒さ(赤さ?)だったので、どこかにぶつけたのだろうと放置していた。
が、調べ物をしているときに、爪が黒いのは癌の可能性もあるため即座に皮膚科を受診すべし、と書かれているのを偶然発見。
ビビりな私は急いで皮膚科を予約した。
とはいっても、かかりつけの皮膚科はいつも混雑していてなかなか予約が取れない。
そんなわけで、2週間が過ぎてしまった今日、ようやく皮膚科に。
皮膚科の女医先生、どうも私とは合わないようで、受診後いつもモヤモヤが残るのだけれど、今回も結局いつもの皮膚科に行くことにした。
今日は足を見るや否や、「これはヒールのせいですね。」ときっぱり。
・・・・最後にヒールを履いたのはムスコの入学式の時。
かれこれ1年以上前だ。
丁寧に普段はヒールを履かないことを告げると、
「じゃあ、靴でしょう。靴が足に合ってないんです。ほら、あなたの指は人差し指が一番長いでしょう。だから、合わない靴を履いていると、人差し指に負担がかかるんですよ。」
たしかに一理あるかの知れない。
でも、朝起きて、突然変色っておかしくないかね?
その疑問を丁寧に説明するも、「じゃあ、最近、靴を変えたんでしょう。その靴のせいですよ。」と。
いや、変えてないし。
「それはないです。」と言うと、「いや、あります。」
いやいや、だから、ないって言ってますけど?
念押しするかのように「絶対に靴のせいです。新しい靴のせい。」とおっしゃる。
いや、だから新しくしてないし。
もう埒があかないので、説明するのをあきらめ、モヤモヤ。
腑に落ちない顔をしていると、先生は一言。
「あなた、爪よりも足首のかきむしったような跡のほうが問題でしょ。冷やせば薬なんていらないのに、冷やしてる?ぼりぼりかいてるんでしょ?」
いや、そこ、薬もあるし、診てくれって言ってないし。
「はぁ・・・。」
たしかに、ついぼりぼりやってしまうけど、診てくれって言ってないし。
「子供ですか?冷やせばこんなことにはなりませんよ。冷やしてください。それから靴も合ってるものに変えてください。何か質問ありますか?」
いや、ないですよ。
こんなに意思疎通がうまくいかないあなたに何を聞けと?
やっぱり、この先生とは合わない。
近くにもっと話の通じる皮膚科できないかなぁと思う私。
・・・・モヤモヤ。

[PR]
by たいたい # by taitaifromichon | 2018-06-16 00:01 | | Comments(4)

ため息
2018年 05月 19日
本日5月19日は私たち夫婦の17回目の結婚記念日。
なのだけれど、巷ではイギリスのヘンリー王子とメーガンさんの結婚式なのだとか。
前日、報道番組で結婚式を翌日に控えた二人の幸せそうな様子を見ながらムスコがため息交じりに言った。

「かーちゃん、この人のとーちゃんは王様(ちょっと違うけど)で、かーちゃんのとーちゃんはただの禿げたサラリーマン・・・。かーちゃん、かわいそう・・・。ふぅ。」

ま、まあ、間違ったことは言ってないけど、さすがにそれはチミのとーちゃん、可哀想じゃないか?
プププ・・・ ( ̄ー ̄)



[PR]
by たいたい # by taitaifromichon | 2018-05-19 17:19 | | Comments(4)

号泣のわけ
2018年 05月 14日
週末の夕方はヲット&ムスコのサッカーチームと、家でのんびりからの夕食準備の私チーム(ひとりだけど)に別れる我が家。
昨日もいつもの如く二手に別れての行動。
買い物から帰って、エレベーターを降りようとすると、ガラス越しに大号泣のムスコの姿が。
私の姿を見つけるや否や抱きついてきた。
「どうしたん?怪我?サッカーでどっかケガした?!」

いつもよりのんびりしていた私。
日も長くなってきたことだし、コーヒー屋さんに寄って、ダイソーに寄って、あ、あそこの店と、ついでにあそこにも・・・と、ついついいつもより買い物の時間が長くなってしまった。
ご飯を作るのは少し遅くなるけど、汗だくで帰ってくる二人はお風呂に直行。
出てきた頃に食べられればいいのだから、大丈夫。
などと考えながら、ゆっくりお買い物。
一方のサッカーチームはというと、なんだか早めに切り上げて帰って来たらしい。
いつもなら、「ただいまー!」の元気な声に、「おかえりー」の返事が返ってくるはずが、しーんと静まり返った部屋。
「あれ?かーちゃん??」
ムスコは部屋の隅から隅まで私を探すも見つからない。←当たり前
不安になったムスコに追い打ちをかけるかの如くヲットが一言。
「かーちゃん、事故か何かにあったのかもしれないよ。もう帰ってこないかも。どうする?こべさん!」
悪い大人だ。  ̄ー ̄
「ぼく、かーちゃん探しに行く。スーパーに行ってみる!!」
急いで靴を履き、玄関を開けると、堪えていた涙があふれ出たという流れらしい。
そんなことは、つゆ知らずの私。
エレベーターを降りると、目の前に号泣のムスコが立っていた。
そりゃ怪我でもしたのかと思うはず。
ぎゅっと抱きついたムスコが、「遅いよ。かーちゃん、どこ行ってたのよー」と泣きじゃくる。
「いや、買い物だけど。鍵もってなかった?家に入れなかったの?」と頓珍漢な私。

夜、ヲットから事の一部始終を聞き、なるほどと納得。
「とーちゃんなら探しに行かないけど、かーちゃんは探しに行くの!!」と涙をためて言ったらしい。
なんだか不公平だというヲット。
母の存在は偉大なのだ。

[PR]
by たいたい # by taitaifromichon | 2018-05-14 14:33 | | Comments(0)

嘘と友達
2018年 04月 10日
春休み明けの午前授業の日のこと。
ムスコがお友達と近所の公園で遊ぶ約束をしてくるようになった。
お友達のお母さん方が公園に付き添いで来るので、私も一緒についていくことに。
さて、昨日。
いつものように、公園で遊ぶ約束をしたらしいムスコ。
今日から一日授業が始まるので、昨日は最後の午前授業の日だった。
本当は近所のモールにでかける予定だったのだけれど、モールは週末に行けばいいしと思い、お友達のお母さんに連絡する私。
「今から準備するから、ちょっと遅くなるけど、後で行くね。」
すると、そのお母さんからの返信には
「あれ?今日は吾郎ちゃん(仮名・友達1)も慎吾ちゃん(仮名・友達2)も用事があって、こべたくんもモールだから中止って、拓哉(仮名)が言ってたけど・・・?」と。
ムスコに確認すると、「用事のある人もいるから、来られる人だけ2時に集合ねってことになったよ。」と。
再び拓哉君のお母さんに連絡。
「中止だと思ってたから、すごく喜んでる。二人でも遊びたいって。うちも今から準備するから2時半集合で、どう?」との返信。
どうやら、ムスコに担がれた模様。
察するに、全員用事があって、中止となったものの、自分がモールに行くのをやめれば拓哉君と公園で遊べる。
ただ、遊びたいだけでは無理なので、もう約束してしまったというのが公園で遊ぶ近道だと思ったといったところだろう。
公園への道すがら、ムスコに確認する私。
「本当に、遊ぶ約束してたの?拓哉君、今日は中止になったって。」
「でも、集まれる人だけで集まろうってことになったよ。」
「全員用事があって、こべたくんもモールだからって。」
「僕、モールに行くなんて言ってないよ。」
「・・・・。」
どうしても認めないムスコ。
しばし考え、「じゃあ、どうして拓哉君はこべさんがモールに行くこと知ってたの?」
「うーーーーん、わかんない。」
徐々に小声になり「誰かに聞いたのかなぁ。でも、ほんとに遊ぶ約束したよ。中止になってないよ。」と、ムスコ。
公園につくと、拓哉君が「こべたくん、今日、モールじゃなかったの?」と聞く。
「拓哉君、こべさんがモールに行くって、何で知ってたの?」と、私。
すると、当然の如く「え?こべたくんに聞いたから」。←そりゃそうだろ
ムスコは傍らで「僕、言ってないよ・・・」と頑なに小声でつぶやく。
夜、お風呂に入っているときに、ムスコにもう一度確認する私。
「こべさん、今日は本当は中止だったけど、遊びたかったから、来られる人だけって言った?」
「中止じゃなくて、来られる人だけ2時に集合だったよ」
頑なだ。
「そっか。じゃあ、拓哉君はどうしてこべさんがモールに行くこと知ってたんだろ?」
「知らない。僕は言ってない。」
「そっか。じゃあ、拓哉君はかーちゃんに嘘ついたんだね。拓哉君のこといい子だなと思ってたけど、がっかり。嘘つきだね」と言ってみる。
黙って、頷くムスコ。
しばらく黙っていだけど、身体を洗い終わったあと。
「嘘なの。ほんとは嘘なの。僕が拓哉君にモールに行くって言ったの。そしたら、じゃあ、今日は中止だねって」
よかった。
子供だから、嘘をつくことだってあると思う(自分にも経験があるし!)。
でも、悪者にされた親友をそのままにする子じゃなくて良かった。
満面の笑みで「そっかー。そんなに遊びたかったのかー!じゃあ、そう言えばいいじゃん。かーちゃん、あやうく、拓哉君のこと悪い子だから嫌い!って思うとこだったわ。今度、拓哉君に会ったら、心の中でごめんねーって謝ろ。」と言ってみた。
ムスコも満面の笑みで抱きついてきた。
顔を上げたムスコが、「かーちゃん、嘘ついてごめんね」。笑い泣きだった。
嘘をつくことはいいことだとは言えないけど、きっとこの先、あることだと思う。
でも、友達を悪く言ったり、裏切ったりするのはダメ。どんな理由があってもダメなこと。
これからの人生、友達が自分の支えになってくること(そして、その逆も)、宝になることをきちんと理解しておいてほしいと思う。

[PR]
by たいたい # by taitaifromichon | 2018-04-10 09:26 | | Comments(0)



Since 2001.1.11  Copyright(c)2001-  Taitai All Rights Reserved
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
はじめまして。たいたいです。
こんな奴です。期間限定でこんなのもやってます。
どうぞよろしく。

ハジメマシテの皆様、記事の内容と関係ないコメントの皆様は、最新の記事にコメントくださいませ。
最新のコメント
❏ミンミンさん: ..
by taitaifromichon at 14:09
一時帰国中だと貴重な一食..
by ミンミン at 10:14
❏ミンミンさん: ..
by taitaifromichon at 08:48
❏ミンミンさん: ..
by taitaifromichon at 08:46
こちらへ来てから毎年人間..
by ミンミン at 18:58
たいたいさん、こんにちは..
by ミンミン at 18:52
❏マナ十郎さん: ..
by taitaifromichon at 11:12
腹立つね。 そんなお医..
by マナ十郎 at 22:12
❏ミンミンさん: ..
by taitaifromichon at 09:33
たいたいさん、こんばんは..
by ミンミン at 19:33
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク
++ブログな皆様++

BlogPeople


++ブログじゃない皆様++

青空の方法

絵日記でも書いてみようかMAIDO

韓国男児と結婚する方法

紅茶にうめぼし

コスモス通り2115番地マナ子の家

Gold

*Syusyu House*~Syuri

skin by たいたい
ASPアクセス解析

無料・カウンター